はじめまして、『12人のスターティングメンバー』です

サイトプロフィール 草野球

当サイト『12人のスターティングメンバー』は、プロ野球選手でもアマチュア野球選手でもない、第3の野球選手勢力、草野球プレイヤーによる情報サイトです。

編集長を務めます私、shimo2は部活で野球をしたこともなければ、専門家の指導を受けたこともありません。ただ20年の草野球経験があるだけです。

ですが、そうは言っても20年です。

リトルリーグは3年間。中学と高校の部活でも3年ずつ。大学野球なら4年間。すべてひっくるめても20年には遠く及びません。

もちろん密度が全然ちがうのは承知ですが、これはもはや、ひとつの野球人生と言ってもいい年月ではないでしょうか。

ここで語られることの中には、従来のセオリーを逸脱するものもあるかもしれません。

しかし、20年という年月を野球に捧げた人間たちが、実際に経験して、試行錯誤してきたことのご報告です。

これから野球を始めようという方にとっては、ひょっとしたらガチの経験者が語ることよりも、わかりやすいことがあるかもしれません。下手が下手なりに解決してきたことが山ほどあります。

私たちのチームは「初心者だけで野球チームをつくろう」というコンセプトのもと、1998年に結成されました。それからちょうど20年。

未だに多くの創立メンバーが活躍中ですが、この期間には、それはいろいろなことがありました。

その中には、奇跡としか言いようのないことも含まれています。

これから野球を始める方、すでに草野球を楽しんでいる方、とにかく野球が好きな方。そんな方達のためにつくったサイトです。

しばし、お付き合いいただければうれしいです。

『12人のスターティングメンバー』とは

我々がプレイする草野球には、スターティングメンバーに12人の名前が並ぶことがあります。

ご存知のとおり野球は9人でプレイするスポーツ。でも、9人しか楽しめないのはもったいない。

草野球では守備は9人で守りますが、参加者が12人いる日なら、ここに3人の指名打者を入れて、12人で攻撃オーダーを組むことが許されています。

もちろん、大会などの公式戦では通常ルールでやりますが、活動の7割以上となる練習試合では、両チームの申し合わせにより、いわゆる「全員打ち」というのは常識になっています。

どうです、ゆるいでしょう!このゆるさが草野球の魅力のひとつ。

週末の貴重な時間を割いて参加した野球で、代打の1打席しか出場できなかった、なんて切ない思いをしなくて済みます。

このサイトの名前にした『12人のスターティングメンバー』には、野球好きみんなで野球を思い切り楽しもうという思いを込めました

『週末スライダー』とは

このサイトでは、プロ野球やアマチュア野球はもちろん、もうひとつの大きな柱として草野球を扱っていきます。

我々が楽しんでいる草野球は、主に週末だけの活動。週に1度しか投げられない変化球をモノにしていくには、独自の取り組みが必要になります。

もちろん投球だけでなく、打撃や守備も週に1度。月曜日にははるか遠くに感じる野球の時間を、待ち遠しく指折り数える気持ちをタイトルにしました。

この『週末スライダー』コンテンツでは、我々が取り組んできた20年の野球を、そのストーリーと解説をまじえて紹介していきたいと思います。

プロ野球やアマチュア野球情報も語らせてください

草野球プレイヤーといえども、野球選手です。いえ、お願いです、野球選手と名乗らせてください!

自分の野球が深まっていくにつれて、プロ野球やアマチュア野球の見方も変わってきました。

このコンテンツでは野球ファンとして、球界で起きていることや選手についてのエッセイなどを掲載していきたいと思っています。

居酒屋などで一緒に野球談義をしているような感じで、楽しんでいただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました